格安航空会社を利用【便数増加に伴って増設が検討】

海外のこだわった駐車場を利用しよう

関係を築ける

メリットを浸透させるのが鍵

宿泊研修は、様々な機会で行われています。 仕事や習い事や各種講義の際など、普段とは一風異なる環境で行われます。 宿泊研修の意義は、環境のみならず関わる人と過ごす異なる空間にもあります。 ここにこれまでと、そしてこれからは見ない人の一面を見る事があります。 宿泊研修の意義は、そうした人と人との深い関係構築にもあります。 どの世界においても、関わる人の人となりを深く知れば知る程良好な関係を築けるものです。 それを知る機会として、一日若しくは数日を仲間と過ごす宿泊研修は絶好の機会なのです。 今後は、この宿泊研修の意義を広く浸透させる事で取り入れる所が増えるでしょう。 その際その成果やメリットも紹介して、宿泊研修の様子や出席者の感想なども取り入れるとより説得力が高まるでしょう。

派閥や孤立が生まれないよう目配りを

宿泊研修において、重視したい人間関係の構築には終始目を光らせたいものです。 ここに失敗しない配慮や計画が事前から必要です。 その為には出席者の詳しい情報を予め集め、様々な視点から検討して計画を立てます。 例えば宿泊先の部屋割りに、年齢や出身、趣味や性格傾向や血液型などを参考にします。 メインの研修では、チームワークが構成されるようリーダーの素質を持った者を各班に置くなど、人間関係を良好に結べるよう配慮します。 多くの宿泊研修は、ここをスタートとして目的に向かいます。 宿泊研修において良好な人間関係を築けるよう適切に導く事で、その後が左右されると言っても過言ではありません。 この段階において、派閥や孤立など生まれないよう充分な目配りが必要です。